印象に残る自己PR

c7.png

前のページで自己紹介について書きましたが今度は『自己PR』についてです。


基本的には同じ事ですが企業によっては自己紹介と自己PRは別物!

と考えるいじわるな企業も多々あります。


私が面接していた企業もそうでした(笑)

聞く側は良くても、答える側は大変ですよね。


そこで、自己紹介と自己PRをどう分けるか?

どのような自己PRが好印象かを紹介します。

 

自己紹介とは?

method-p3.jpg

・あなたの人柄
・今までの経験
・家族構成
・尊敬する人


このような感じで「あなたそのもの」について答えると良いです。

 

自己PRとは?

method-p4.jpg

・あなたが出来る事
・特技や長所
・今までの功績
・現在努力している事


上記のように「あなたの良い所」について答えるようにしていきましょう!

 

インパクト大!印象に残る自己PR

いよいよ本題です。

実際に私が面接をして、これはどこでも受かるな

と感じた方の自己PRを例に紹介します。

私は学生時代、計算が苦手で非常にケアレスミスが多い学生でした。


しかし大学進学を控え、進みたい分野を意識した時に

このままではいけないと気が付き

恥ずかしながら100マス計算を始めました。


約1年間、毎日続ける事で格段にミスが減り、進みたい分野に

進むことができ、今、御社の面接の場にいる事が出来ます。


必要と感じれば、苦手なことでもコツコツと努力をすることの重要性。

やれば結果がついてくる事を知っています。


これが私の強みです。

長くなってしまいましたが以上です。

この自己PRの凄い所は冒頭に「できない」事を持ってきた事です。


ただ「これができます!」「あれができます!」

というよりも、苦手を克服する。

コツコツと努力した、というのは目を引くものがあります。


今までの自己PRを一度白紙にして

是非あなたも印象に残る自己PRを考えてみてくださいね!



本年度新卒採用試験対応の面接合格マニュアル

知らないから落ちる面接の4点減点法
バナー

勝率アップのコツ 関連ページ

このページの先頭へ