面接のお礼状

c9.png

最近はお礼状を出す人が少しずつ増えてきましたが

そもそもお礼状とは、いったい何か?

聞いた事はあるが、どのような物かわからない。


このような人もまだまだ居ます。


そんな人の為に、お礼状の内容や出す必要性。

形式などを解りやすく紹介していきますね。

 

お礼状の意味

面接が終わる時に「ありがとうございました」と

お礼を言って退室し、更にお礼状を出す。


一見、くどく見えるかもしれませんが

お礼状が届いて悪印象を覚える会社はありません。


更に面接中の短い時間だけでなく

面接終了後もあなたをアピールする事ができるんです。


注意点ですが、名前の通りありがとうを伝える為なので

面接当日に発送してくださいね。

 

お礼状の内容

お礼状を書く時に頭を抱えるのが内容です。

必要な点をピックアップしてみましょう。

・忙しい中、面接に時間を割いて貰ったお礼
・直接聞いた会社の話で興味のある事
・働く上で、このような事をしてみたい
・略式ながら、と書面で述べる事へのお詫び
・最後にもう一度お礼


このように、各ポイントを忘れずに書いていきましょう。


業務がPC作業中心であれば、メールでお礼状を出すほうが

良い企業もありますが、原則は書面に手書きです。


私が担当した学生の中に、書面ですがPCで作成した

お礼状が届いたことがありましたが

テンプレートがある事が想像できて、あまり良い気はしません。


これは他の人事も同様だと思います。


文面については失礼がなければ良し、と考えて

個性を重視しましょう。


なぜかと言いますと、やはり他にもお礼状を出す方は

当然いますので、テンプレートの文面だと

他の人に埋もれてしまいます。


具体例として私が頂いたお礼状で、面白かったものを紹介します。


面接中に、その日の夜に開始される

スポーツの話題になった学生がいました。


するとお礼状の中に

「今日の試合結果について、話を出来る事があれば嬉しい」

とのコメントがあり、なんだか嬉しくなってしまいました。


もちろんお礼状を書いた時点で

結果は解っていなかったと思いますが、やはり面接での

やりとりに関連したコメントがあると良いですね。


他の方と差をつけるためにも

しっかりと内容を練ってみてくださいね。



本年度新卒採用試験対応の面接合格マニュアル

知らないから落ちる面接の4点減点法
バナー

勝率アップのコツ 関連ページ

このページの先頭へ