筆記試験の秘訣

c13.png

面接でも企業によっては、1次・2次と複数回ある所が

ありますが、そういった場合に必ず含まれるのが

この筆記試験です。


面接初心者の方は、一体どのような問題が・・・??

と嫌な汗を書く事がありますよね。


このページでは、筆記試験の秘訣について詳しく紹介します。

 

筆記試験の内容

気になる内容ですが・・・

実は業務内容には、あまり関係がありません。


一般常識、基礎学力を判断する程度の問題ばかりです。


ベースは理科を除く5教科から、各5問前後程度ですが

筆記試験を重要視する企業では

学力テスト程度の量が出される場合もあります。


更に詳しく書きますと

・国語・・・漢字
・数学・・・四則演算(分数・小数点含む)
・英語・・・単語
・社会・・・地理


このような内容です。

なぜ理科が含まれないのかは、私はわかりませんが

恐らく専門分野が確立されているからでしょうね。


学力レベルとしては中学校レベルです。

 

学力テストでどこを見るか

なぜこの程度の学力をあえて確認するのか不思議ですよね?

きっと、一般的な学力や常識を確認するため。

こう思う人がほとんですが、実はまったく違います。


企業が学力テストで見ているのは

限られた時間で的確な作業ができるかどうか・・・

または、時間内で効率よく作業をこなせるか・・・。


まずはこの2点です。

職種によって、どちらが求められるかは異なります。


そしてどの企業でもしっかり確認している点は

『字を丁寧に書いているか』ここなんです。


いくら履歴書の字をきれいに書いても

筆記試験で雑に書いては意味がありませんから

丁寧・的確を心がけて挑みましょう!!



本年度新卒採用試験対応の面接合格マニュアル

知らないから落ちる面接の4点減点法
バナー

○○面接必勝方法 関連ページ

このページの先頭へ