アルバイト・パートで採用される方法

c19.png

学生さんや、転職活動の合間、主婦の方々など

誰でも気軽に面接に行けるのが、アルバイトやパートです。


人の入れ替わりが多い分、求人や面接も頻繁なのが

特徴とも言えますね。

 

アルバイト・パートで採用される方法

正社員と違って、面接官の好みがフルで発揮されるのが

この雇用形態なんですが、少しでも勝率をあげるには

どうしたら良いのでしょうか??

・長期勤務できるかどうか
・言われた事を覚えられるか
・人柄


このような点が重視されますね。


長期勤務は場合によりますが、少なくとも1年程度は

勤めて欲しいと、どこの会社も考えています。


なぜかというと、アルバイトの最低限の仕事を

1人でこなせるようになるまでが大体3~6ヶ月程度。


1人立ちしてから6ヶ月くらいは、

頑張って欲しいというのが本音です。

もちろん、勤務先は多少は異なります。


アルバイトは、仕事の基本ができればそれでよし、

されていますから能力はあまり重視されていません。


極端に計算が出来ない、あまりにもコミュニケーションが

取れない、等という場合を除いては人柄が最も重要になります。


ですから必要以上にあなたの方から

「これができます!」「私はこれが得意です!」と

アピールする必要はありません。


うっかりやりすぎてしまうと、面接官のほうが

面食らってしまいます(笑)


アルバイト・パートの面接での、採用される方法は

聞かれた事にいかに感じよく、にこやかに答えるか。

これを大切にしましょう!



本年度新卒採用試験対応の面接合格マニュアル

知らないから落ちる面接の4点減点法
バナー

雇用形態別・採用率アップ術 関連ページ

このページの先頭へ