志望動機は何にする?

c3.png
志望動機は何にする?
前のページでも書きましたが「志望動機」は確実に聞かれます。

 

フレンドリーな面接官だと「なんでうちにしたの~?」と
軽い感じで聞かれたりもしますね(笑)

 

履歴書にも、必ず志望動機を書く欄があるように
面接での鉄板になっています。

 

 

よくある回答

特に多い回答は

・御社の方針に共感した

・○○という事業内容に興味がある
・今までの経験を活かして・・・

 

このような感じで会社でやっている事に
関心をもったから、というものです。

 

しかし・・・この回答の弱いところは
具体的に突っ込まれる危険性がある!という点です。

 

そして、マニュアル通り過ぎて印象に残りません。

 

じゃあ、どう答えればいいのでしょう?

 

 

理想の志望動機

method-p1.jpg
まずは、志望動機に必要な点をあげましょう。

・個性

・具体性
・将来性

 

この3点です。
わかりやすく例文にしてみましょう!

 

商品の××を使用した事があり(個性)
使いやすく優秀な商品を更に周知したいと考えました(具体性)

 

そのため、営業部を志望致しました(具体性)
いずれは開発の分野についても学びたいので
必要な知識を吸収します(将来性)

 

よくあるメーカー系での例文ですが、このような感じで
3点のポイントをフル活用しています。

 

あなたの回答とくらべてどうでしょう?(笑)
コツさえ掴めば簡単なので、面接までに練っておきましょう!



 

 

本年度新卒採用試験対応の面接合格マニュアル

面接合格

 

面接合格

 

 

TOPへ