面接の練習

c5.png

就職を控えた大学生などは

もしかすると学校で面接の練習をするかもしれませんね。


転職をする方だと職業訓練や基金訓練を受講していくなかで

面接の練習をするカリキュラムがあります。


しかし・・・そのような場で行う

面接の練習は一連の流れを通して、行う場合が多いです。


それだと「流れを覚える」だけであって

「練習」になったと言えません!


私がおすすめしたい練習方法を、紹介しますね。

 

おすすめ練習方法

method-p2.jpg

・反復練習
・録音する
・鏡の前で練習する


この3点をおすすめします!


反復練習は自己PRや志望動機をスラスラ言える様に、

ひたすら繰り返します。


枚数の少ない単語帳に「長所・短所」「志望動機」

「やりたい事」などの項目を書いて用意します。


そして適当に開いたページに、書かれていることを

すぐに落ち着いて言えるようになれば完璧です!


録音して聞きなおしてみると

不自然な箇所がわかったり、客観的に見ることができますよ。


鏡の前での練習は「表情」「姿勢」「しぐさ」を見直せます。


いくら素晴らしい事を言っても、猫背で表情に覇気がない。

そして髪や顔を触る等のしぐさではNGです。


理想は目上の人に、練習に付き合ってもらえると

適度な緊張感があり、大人慣れ(目上)にも

効果があるので、更に良くなりますよ。


言動に伴う、表情やしぐさになるように気をつけてみて下さいね。



本年度新卒採用試験対応の面接合格マニュアル

知らないから落ちる面接の4点減点法
バナー

面接対策・基本編 関連ページ

このページの先頭へ