面接官に逆質問

c8.png

面接の最後に、ほぼ確実に聞かれる事があります。

それは「何か質問はありませんか?」間違いなくこれでしょう。


しかしその場で初めて聞いたことに対して

質問をするというのは、相当頭を使う事です。


そもそも面接官の言うことを

理解して的確に返答するだけで精一杯ですよね。


私が面接をした中でも、ほとんどの人がそうでしたし

緊張や焦りで言っている事が

支離滅裂になってしまう人もいました。


ですから、的確に答えた上で

こちらの言うことを理解し、質問をする。


ここまで出来る人がくると、人事側も「おっ!」と思うんです。

そこでどの企業でも使える、逆質問を紹介します!

 

かなり使える逆質問

「最後に質問は?」と聞かれたらこう答える!

おすすめの回答です。

・必要なスキルはありますか?
・資格を活かせる部署への配属は可能ですか?
・このような仕事をしたいが何が必要ですか?


このような感じで仕事に対して

意欲的な逆質問があると好印象ですね。


では、反対にこれは言ってはいけない回答を紹介します。

 

悪印象な逆質問

実際にあった、やる気を感じられない逆質問を紹介していきますね。

・残業はどれくらいですか?
・出張したくないんですけど・・・
・前年のボーナス支給実績は??


まあ・・・どれも本音なんでしょうね(笑)

聞きたい気持ちはよーく解ります。


しかし待遇面ばかり気にしている事を前面に出してしまっては

人事総出で「そこ聞くのかよ!?」とツッコミが入ります。


気にはなっても、口に出さないようにしてくださいね。



本年度新卒採用試験対応の面接合格マニュアル

知らないから落ちる面接の4点減点法
バナー

勝率アップのコツ 関連ページ

このページの先頭へ